我々はどこ

時間や方向

Il Porcellino

ニューマーケットスクエアの - 50123 フィレンツェ
(ビアとビアポルタロッサ間Calimala)

時間:

  • 9.00から18.30に毎日
  • (25-26/12と12分の31休館

彼らは私たちの話します

ニュースとトリビアメルカートデルPorcellinoの

TV2000のメルカートデルPorcellinoの

TV2000:されています私たち - 2016年4月29日のステーク

の Siamo Noi、イタリアの市場を民間伝承や色にするスペースです:北から南へ、あなたが実際に連帯に関連する多くの取り組みを忘れることなく、最も美しいと特性を教えてください。スタジオゲスト、Bruno Gambarotta、作家、ジャーナリスト、テレビホスト、Pippo Franco ed Elisabetta Montesissa、Coldirettiカンパーニャアミカの社長。

歴史

メルカートデルPorcellinoの歴史ノート

起源と時事

コジモ私メディチは、1547年にそれジュエリーや高級ファブリックの市場の座にするために新市場を構築しました。ロッジは、常に商業アドレスされています:今、彼らはテーブルクロス、タペストリー、革、絹のネクタイやスカーフ、手袋、コスチュームジュエリー、フィレンツェの紙やお土産を販売しています。

ロッジアPorcellinoのは、今日は共和国の正方形を立っエリアに位置するので、オールドマーケットからそれを区別するために呼ばれるフィレンツェのロッジアメルカートヌオーヴォの人気の名前、です。これは、ビアCalimalaとビアポルタロッサの交差点に位置しています。ロッジはちょうどヴェッキオ橋からステップ、街の中心部に位置で、Giovan Battista del Tassoによって設計に1547年と1551年の間に建てられました。今日、それは主に皮革製品やお土産を販売する一方、それはもともと、シルクや貴重なオブジェクトの販売、およびフィレンツェの有名な麦わら帽子の第19のために意図されていました。ロッジの焦点は1640年以来、フォンタナ・デル・Porcellinoの、実際にはローマ時代の大理石でオペラから採取したステファノBardiniの博物館へピエトロTaccaの仕事今日の青銅、17世紀のコピーに「イノシシ」と今日、持っていますウフィツィ。ロッジとその彫像は2001から2003年に復元されました。
場所の好奇心は、いわゆるスキャンダルの石や「acculata」、ロッジの中央に円形の2トーンの大理石です。この石(あなたが1838年のリメイクです何を参照してください)街のバナーを掲揚れた等身大北部同盟の車輪の1、フィレンツェ共和国のシンボルを、再現するには:石によって示される位置に、実際にはその周りCarroccioを配置しました彼らはそれぞれの戦いの前にフィレンツェの部隊を集めました。石はまた別の機能を持っていた:それは彼らがルネサンスフィレンツェの不良債務者を処罰された正確な場所でした。罰は不幸を結ぶことにあった、かつて「acculata」によると、彼はお尻の石の上で繰り返し殴られた彼のズボンを落としました。この屈辱的な実施から彼らは、おそらく、不運と見られて「sculo」という表現は、地面にお尻と一緒にいることなどが人気のことわざから生まれることになります。
それはイノシシを描いているので、「豚」の銅像の人気の名前は誤称です。これは、ピウス4世がローマへの彼の訪問中に、1560年にコジモ私に与えた、ヘレニズム時代の大理石のローマン・コピーに由来します。ウフィツィ美術館に今あるオリジナルの大理石は、コジモ2世はピッティ宮殿を飾るために運命づけられ、1612年にピエトロTaccaによって青銅でコピーしていました。融合が合併後わずか約1633数年に行われた一方で、ワックスモデルは、フェルディナンド2世・デ・メディチからロッジアメルカートヌオーヴォ少なくとも下に記載されて噴水、中に作業を変換することを決定し、戻って1620年にさかのぼりそれはその時点でそのような絹、ブロケードおよび羊毛布として良い生地の販売に特化したロッジア、下の取引商人に水を提供していたため、1640噴水は、主に実用的な機能だけでなく、装飾を持っていました。また、その時点でそれはの小柄にさかのぼる "豚"。 Taccaはまた、水回収のための(預金の今日)元のブロンズ浴槽を作成しました。元の場所には、ヴィアポル・サンタマリアに、同名の薬剤師の猪の前に知識人の会議の十八世紀と場所の前半で開いていました。 19世紀では、道路上のトラフィックを容易にするために、それは先に今日の旧商品取引所の、南側に現在の場所に移されました。人気の伝統が豚の鼻に触れることは幸運をもたらすと言われてい、その事実は、手の何千もの連続毎日の研磨に輝いています。良い前兆を得るための完全な手順は、鼻をこすった後ギニアに口の中にコインを置く:コインが下がると水が落ちる火格子を超えて幸運をもたらすでしょう、そうでない場合ではありません。実際には傾きが唯一の最も重い硬貨は簡単に割れに陥るようなものです

市場の写真

ベンチ

現在、市場では、テーブルクロス、タペストリー、革、絹のネクタイやスカーフ、手袋、帽子、ベルト、財布、Tシャツ、ジュエリー、フィレンツェの紙やお土産があります


Porcellino賞

2002年にはロッジが復元されました:ちょうどロッジ下記のパーティーやディナーは、事業者、金融機関、有名人や多くの友人と一緒に、忘れられないた修復作業の終わりを祝うために。
.



委員会で行われた私たちの事業者は、すなわち、組織グループを特定した:Franca Sbraci、Giuseppe Pugi Delli、Nicola Abatangelo, Alessandro Meucci, このイベントを処理します。

「賞ピグレットは「文化、科学と感度の街のシンボルとして、様々な専門的な分野でフィレンツェの役割を強化するために貢献している個人に賞を提供することを意図して設計されています。イベントは歴史的なエリアで行われます市は、毎日あなたは、伝統的な市場を保持ロッジアメルカートヌオーヴォは、の代わりに機会のために形質転換された」優しい恵み。」


報わ 2004:

  • Mario Luzi (poeta e scrittore)
  • Marco Masini (cantante)
  • Andrea Benelli (olimpionico tiro a volo)

報わ 2005:

  • Sergio Romagnani (professore ordinario di medicina interna presso l'Università di Firenze)
  • Giuseppe Povia (cantante)

報わ 2006:

  • ORT (orchestra regionale toscana)
  • Giampiero Maracchi (direttore dell'istituto di biometereologia del CNR di Firenze)

報わ 2007:

  • Pierluigi Rossi Ferrini (coordinatore dell'attività di trapianto per la Regione Toscana)
  • Silvano "Nano" Campeggi (pittore e illustratore)

報わ 2008:

  • Italo Dall'Orto (direttore artistico dell'associazione cultirale Mannini Dall'Orto Teatro)
  • Manfredo Fanfani (medico e storico della medicina)
  • Alessandro Benvenuti (attore e regista)

報わ 2009:

  • Carla Fracci (ballerina - assessore alla cultura della Provincia di Firenze)
  • Giovanna Ferragamo (stilista)
  • Cinzia TH Torrini (regista e autrice)

報わ 2010:

  • Ugo Chiti (drammaturgo, scenografo, regista, sceneggiatore, costumista)
  • Salvatore Mangiafico (medico, neuroradiologo)
  • Don Renzo Rossi (sacerdote)
  • Enrico Rossi (presidente Regione Toscana)

報わ 2011:

  • Pier'Alli Pierluigi Pieralli (scenografo e regista)
  • Ugo De Siervo (costituzionalista)
  • Progetto "Giovani Ricercatori" del Meyer
  • Carlo Conti (showman, presentatore TV)
  • Squadra Primavera Fiorentina
  • Don Corso Guicciardini (presidente dell'Opera della Provvidenza Madonnina del Grappa)

報わ 2012:

  • Vito Mollica (chef Hotel Four Seasons - Firenze)
  • Marco Stabile (chef ristorante Ora d'Aria)
  • Loretta Caponi (stilista)
  • Pupo (cantante)
  • Margherita Hack (astrofisica)
  • Albiera Antinori (Vice-presidente "Marchesi Antinori")
  • Aldo Bennici (direttore artistico Accademia Musicale Chigiana)

報わ 2013:

  • Alfredo Martini (ex CT nazionale italiana ciclismo)
  • Roberto Cavalli (stilista)
  • Mauro Pagliai (editore)
  • Cantine Leonardo da Vinci (vini ed enologia)
  • Riz Ortolani (compositore e direttore d'orchestra)
  • Katyna Ranieri (cantante)
  • Cristina Acidini (soprintendente per il patrimonio storico, artistico ed etnoantropologico e per il Polo museale della città di Firenze)

報わ 2014:

  • Antonio Paolucci (direttore Musei Vaticani)
  • Giancarlo Antognoni (ex giocatore Fiorentina)
  • Stefano Grifoni (direttore del pronto soccorso dell'ospedale di Careggi)
  • Stefano Ricci (stilista)
  • Giorgiana Corsini (principessa)
  • Giovanni Veronesi (regista)
  • Silvio Zuccarini (professore)
  • Ristorante "Il Latini" di Torello Latini

報わ 2015:

  • Antonio Natali (direttore uscente degli Uffizi)
  • Carla Braccialini (imprenditrice)
  • Aureliano Amendola (fotografo)
  • Giampaolo Donzelli (presidente della Fondazione Meyer)
  • Don Antonino Spanò di San Bartolomeo

I ns. operatori sotengono inoltre l’opera Madonnina del Grappa, devolvendo il ricavato delle monetine che i turisti gettano nella Fontana del Porcellino, inoltre contribuiscono con donazioni a favore dell’UNITA’ SPINALE del’ospedale di Careggi, dell’ A.N.FA.SS di Firenze, della Casa Famiglia di S.Mauro a Signa, e di famiglie Fiorentine in grande disagio economico.

Mercato del Porcellino
(Mercato Nuovo, Mercato della Paglia, Florence Market)
Piazza del Mercato Nuovo - 50123 Firenze


Informativa privacy | Informativa cookies